今のとこ精神状態はかなりいいです。やっぱり仮面浪人生活はメンタル的にも体力的にもかなりキツいなと改めて実感させられました。

今メンタルがまともな理由は10時台に寝て6時くらいには起きても十分睡眠が取れて規則正しい生活リズムを確保できること、通学(往復2時間半)で体力的に疲労しないこと、周りに大学生がいないので気力を削がれることがないからだと思います。
まあ電車の中でも筆記用具を使わない勉強(例えばセンター社会、リスニング、古文単語など)は出来たのですが、周りの大学生が勉強せず遊びまくっている、楽しそうに会話をしている環境の中で一人受験勉強を続けなくてはいけないという事実、受験勉強の本質と関係ない教科や分野に労力を割かれるということは精神的にかなりダメージが来るものがありました。これは時間というよりも気力の問題です。例えコマ数が少なくて一日理論上はこれだけ勉強できると思っていても多分全然上手くいきません。

もし「来年もし失敗してもここの大学いればよくねw保険保険wメンタル楽いw」くらいのノリで仮面浪人しようとしている人がいたとしたらまずやめといた方がいいと言っておきます。もしそれでもやると決めるなら相当な覚悟と意志が必要だということです。断言しますが、よほどの家庭的事情がある場合以外は基本やるべきではないと思います。

思うに仮面浪人が一番精神的にいいのは唯一、仮面浪人をすると決めた瞬間だけです。大学生という社会的な身分を保証されながら志望する大学を目指せるのですから、受験に失敗した人なら良い選択肢だと一度は思うかもしれません。が先ほど書いたように現実はそう甘くはないです…  もっと広い視野で受験勉強を見たほうがいいとおもいます(偉そうでごめんなさい) 
ということで、仮面はやめとけ、というかやめておいたほうが身のためという記事でした。


東大受験生ブログランキング